体のだるさ、自律神経の働きが原因?

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

姫路市と揖保郡太子町の慢性肩こり専門整体院「岡本整体院」の岡本です。

 

*ピラティスで心も体も健康になりましょう!

「運動が苦手」なんて思いこみで運動をしないのはもったいないですよ。

やるかやらないかは一度始めてから決めても遅くない!

まずは始めてみましょう!

 

真夏かなと思うぐらい「暑い」時間帯がありますね。

今、このブログを書いているのは夕方ですが、

この時間帯は部屋の中を吹き抜ける風が気持ちいいです。

この季節に夕方からバーベキューは最高ですよね。

 

さて、今日は「体のだるさ、自律神経の働きが原因?」というお話です。

 

春から初夏にかけて「体がだるい」とか「疲れが取れない」

「寝つきが悪い」などの症状にお悩みの人が多いのは

自律神経が弱っているからかもしれません。

 

季節の変わり目は「自律神経」の働きが弱るのですが、

大げさではなく何の対処もしていないと」「欝病」を発症したりもしますから

普段から気を付けてケアーはしっかりとしておきましょう。

 

今日の動画では入浴中に「自律神経」を活性化する方法を紹介してます。

温める→冷やすを繰り返すことで、

自律神経の緊張、弛緩が繰り返されて自律神経が鍛えられます。

 

慣れるまではつらいと思いますが、

慣れてくるとなんでもなくなるので頑張ってやり続けてください。

 

ただし、心臓が弱い方やお年を召されている方は

控えてくださいね。

 

次は、朝一番で「太陽光を浴びる」

これで体内時計をしっかりと合わせることができます。

毎日の生活のリズムが安定し、規則正しく生活をすることができますので

自律神経が弱りにくくなります。

 

毎日の積み重ねが大切です。

体のだるさや疲れが取れないとお悩みの方は

是非お試しください

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP