腰痛解消法は座ったままのストレッチで!

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

姫路市と揖保郡太子町の慢性肩こり専門整体院「岡本整体院」代表の岡本です。

 

一気に暑くなった感じがしますね。

雨続きでしたので日が差すと「暑い」と感じてしまいます。

気温も上がりましたけどね(-.-)さぁ初夏を楽しみましょう!

 

岡本整体院ゴールデンウィーク(GW)のお休みのお知らせ

5月3・4・5・6日とお休みさせて頂きます。

大変ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

 

さて今日は「腰痛解消法は座ったままのストレッチで!」という動画です。

腰痛を感じている人は太ももの内側の筋肉

これが上手に使えていない人が多い。

 

この筋肉をストレッチなどで刺激して「使い方」を矯正していくことも必要だと

考えています。

 

もちろんそればかりをやっていても良くありませんので

腰痛にかかわっているであろう筋肉をまんべんなくストレッチしながら

行なっていきましょう。

 

太もも内側の筋肉、これが弱ったり使い方が悪い状態が長く続くと

股関節が硬くなりやがて腰痛を感じるようになります。

そうならないようにしっかりと予防しておきましょう!

 

☑太もも内側の筋肉をストレッチ

 

あぐらをかくように座り、足の裏を合わせます。

その状態から膝が床につくほうこうに動かしていきましょう。

太もも内側の付け根あたりに軽くストレッチ感があるとOKです。

 

☑開脚

 

次は開脚して背中を丸めないように上体を前に倒しましょう。

この時も太もも内側付け根の筋肉にストレッチされた感じがあると思います。

 

それと脊柱の筋肉もしっかりとストレッチしていきます。

無理のないように行いましょう。

 

☑片足

 

今度は片足づつ行ないます。

足首をしっかりと屈曲してかかとも前に押し出すようにして

上体を倒していきます。

 

太もも裏がストレッチされます。

太ももの裏の筋肉の疲労は腰痛と親密ですのでしっかりと行いましょうね。

下腿もストレッチ出来ますので「足のむくみ」にも効果があります。

 

これをやっていると腰痛がスッキリ解消!というわけにはいきませんが

やり続けて行くことで腰痛が解消していきますので継続しましょうね。

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP