腰痛解消は体側の筋力UP

当院のホームぺ時をご覧いただきありがとうございます。

姫路市・太子町の慢性肩こり専門整体院「岡本整体院」の岡本です。

4月も早いもので中旬の差し掛かりました。

まだまだ肌寒いですが、もうすぐGWですね。

GWは過ごしやすいので行楽地は多くの人でにぎわいますよね。

私も出かけようと思うのですがまだ場所は決まっていません(-_-)

岡本整体院2015年のゴールデンウィークは

5月3・4・5・6日とお休みさせて頂きます。

しっかりとリフレッシュさせて頂きたいと思います。

さて今日は「腰痛解消は体側の筋力UP」という動画です。

今日は腹斜筋をトレーニングすることで「筋力をUP]し腰痛を解消しようと

言うことで、腹斜筋のトレーニングを動画で紹介しています。

なぜ、腰痛に腹斜筋のトレーニングがいい方言いますと・・・

腹斜筋はいわゆる脇腹の筋肉のことなんですが、

この筋肉は骨盤を引き上げたり体をひねる運動で働きます。

ということは、この筋肉が弱いと骨盤周りの動きがにぶくなり

しなやかには動かなくなります。

こうなると股関節の筋肉の動きが悪くなり、

筋群が弱り、硬くなっていきます。

この状態まで来ると「体を少しひねったら腰を痛めた」という状態になります。

腹斜筋が弱ると、腹直筋やお尻、股関節周辺、脊柱起立筋などががんばりすぎてしまい

疲労困憊になり、腰痛を感じるようになります。

腰痛を感がはじめたら「痛い」ので動かさなくなり

腰を動かすためにかかわっている筋肉全体が弱り腰痛が慢性化するという

悪循環になります。

特に「お尻の筋肉」が凝り固まると坐骨神経を圧迫して

痛みやしびれになるのでは山に対処しておいた方がいいということです。

☑やり方は

仰向けで転んで頂き、股関節・膝・足首を90度に曲げます。

両手を広げて膝を床方向に倒していきます。

床に就ききらないぎりぎりのところまで倒しましょう。

この運動を左右交互に行うだけです(^o^)

ウエストもくびれてきます。是非やってみてください。

関連記事一覧

PAGE TOP