実は力が入っている事に、自分では気づかないものなんです

当院のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

姫路市・太子町の「岡本整体院」の岡本です。

 

今日は、「実は力が入っていることに、自分では気づかないものなんです」というお話です。

 

 

「体が疲れているんです」と訴えたり、肩こり腰痛、首のコリなどの症状がある方に

 

多くみられるのが、「力み」です。

 

 

そうなんです。  自分では気付いていないだけで、「力が入っている」!!

 

軽くですが、力みが常にあるのです。
これは緊張とリラックスのバランスが乱れている証拠です。
 

入らなくていい力が入っているということで、

 

体が「疲れやすい」状態になってしまうのです。
 

 

足の指を見てください。

 

指がお山みたいになっている人は、実はその傾向が強いです。

 

 

時間に追われていたり、仕事に没頭しすぎたりすることで

 

自分では知らない内に「力み」が生じてしまい、

 

疲れやすい体を自分で作り上げていってしまうんです。

 
出来るだけ力まないような環境を作ったり、

 

リラックスするようにしてみましょう。
体の疲れは万病のもとですよ。

 

生きるということは「元気」でないといけないと思うんです。

 

慢性の腰痛や肩こりでお悩みの方は
ぜひ一度当院の施術お試しください

関連記事一覧

PAGE TOP