肩幅と肩こりは関係あり・・・

当院のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

姫路市・太子町の「岡本整体院」の岡本です。

 

 

今日は「肩幅と肩こりは関係あり・・・」というお話しです。
なで肩の人は肩コリの方が多いというのは、有名な話ですが・・・

 

 

実際に見て頂いた方が分かりやすいのですが、

 

なで肩の人の多くは、肩が前方に巻いています。

 

 

と言うことは、腕を首からぶら下げているような状態で

 

生活しているということになってしまうんです。

 

 

そういった理由から、なで肩でしかも巻き肩の方は

 

肩コリが酷くなると頭痛を感じる!と言われる方も少なくありません。

 
予防法は、肩の筋肉を発達させることが一番いいとは思うのですが、

 

「鍛えるのはちょっと・・・」と思われる方が少なくないと思います。

 

 

また、いきなり鍛えるのはトレーニング中のフォームがくずれやすく

 

違う痛みがでてきたりするので、要注意です。
体を鍛える前にやらなければならないこと、それは、

 

「神経と筋肉の促通」です。
日頃、あまり上手く使えていない筋肉というのは

 

思っている以上にたくさんあるのですが、

 

その筋肉をスムーズに使えるようにしていく事を、「促通」と言うんです。

 

脳から神経に神経から筋に動かす伝達が生き、

その動きがスムーズな状態を作らなければいけないのです。

 

 

この、捉通が上手くいくようになると、日常生活でもそんなにコリを感じなくなったりします。

 

ストレッチや自重の運動(ダンベルなど重さのある物を持たずにする運動)の動きを

 

しっかり確認しながらやっていくことで、だんだんと促通させることができますので、

 

 

まずは、神経と筋を促通することからはじめましょう!

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP