肩の高さの違い

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
姫路市と揖保郡太子町の肩こり専門整体院「岡本整体院」の岡本です。

今年もGW(ゴールデンウィーク)が終わり、
新緑の季節も本格化してきましたね。
姫路市は街もあり自然もありとほんといいところですよね。
山を見渡せば「新緑」がとてもきれいです。

今日は「肩の高さの違い」について書きたいと思います。

普段から肩こりを感じていたり、腰痛を感じているという方は
肩の高さの違いが原因かもしれません。

このブログを読んでくださっているあなた、(特に女性)は
一日に一回は鏡の前に立つと思うのですが、
その時に肩の高さが違うかどうかを毎日確認してみてください。

多くの人がどちらかの肩が上がっているというアライメントになっています。

今まで気にもしていなかったかもしれませんが、
このブログを読んでみて確認してみると、
肩の高さが左右アンバランスなことに気付く方も多いと思います。

こういった現象は普段のあなたの体の使い方から
起こるのですが、代表的な例を紹介します

女性の場合ですとバッグを持つ癖のあるほうの肩が下がります。

男性の場合は筋力があるので、鞄を持つ癖のある肩の方が上がります。
(女性でも男性と同じようになる方もおられます)

肩の高さが違うのはなぜよくないのか?

肩の高さが違うと「肩こり、腰痛」になる確率が高くなります。

肩は上がっているほうはインナーマッスルが弱り
将来的に五十肩人る可能性があります。

逆に下がっているほうは、
腰の筋肉(脊柱起立筋)が収縮してしまい
骨盤の歪みや腰痛を感じるようになっていきます。

写真を見てもわかるように、肩の高さが違うと「骨盤の高さ」も違ってきたリ、
骨盤が回旋したりします。
(体はバランスを取るとします)

例えば骨盤から見て体の遠い部位(上半身は肩や首、下半身は足の指先・かかと)
で肩の高さが違ったり、足の長さが違う場合、骨盤は大きく歪んでいます。

背中から骨盤(体幹)の筋緊張が強くなっていて、今は腰痛や肩こりを感じなくても
近い将来に腰痛や肩こりを感じだすかもしれません。

お客様の多くが「私の骨盤は歪んでませんか?」と尋ねてきますが
肩をみれば骨盤の状態は一目瞭然です。

言い方を変えれば
「骨盤の歪みは数年前には始まっていて、今はそれどころではない!!」場合が多いのです。

皆様には簡単にできる歪みチェック!!肩の高さの違いを確認
必ず毎日鏡の前で確認してください。

そして肩の高さの違いを確認したらそれは体が危険信号を出してる証拠なのです。

今の時点で痛みが無くても整体などに行って
バランスの良い状態にもどしてもらいましょう。
肩の高さの違いだけで痛みや凝りが無い人は改善への道は遠くないはずですよ。

姫路や太子町、たつの市、高砂市、加古川市、そのほか姫路近郊に
お住いの皆さん、今日のブログはあなたのお役に立ちましたでしょうか?

私は姫路市や太子町で肩こりや腰痛でお悩みの方に
少しでもお役に立てればという思いで「セルフケアー」をどんどん上げていきたいと思っています。

姫路市でご活躍されているあなたも「たかが肩こり、腰痛」などと思わず
症状が悪化するまでにしっかりと予防しておきましょうね!

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP