座りすぎからの腰痛を解消しよう

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

姫路市と揖保郡太子町の慢性肩こり専門整体院「岡本整体院」の岡本です。

 

*ピラティスで運動不足を解消しよう!

ピラティスは激しい運動ではないので初心者の方でも

安心してトレーニングできますよ。

 

明日は「春の嵐」らしいですが、姫路市近郊の小中学校の入学式が多い

みたいなので「天気予報」が外れることを期待したいですね。

もし、明日雨が降ると今年の桜も大方終わりですね。

桜はほんとに刹那です。それが故多くの人が魅了されるのでしょう。。

 

さて今日は「座りすぎからの腰痛を解消しよう」という動画です。

 

座りすぎているあなた、今日はそんなあなたのための動画です。

 

私もそうですが、パソコン仕事をする人のほとんどが

「長時間座っています」

 

時間座るとなぜ「腰」によくなくて腰痛を感じるようになるの?

 

まず、その疑問にお答えします。

 

そもそも人間の体はお尻、足に体全体の65%~70%もの筋肉が集まっています。

それゆえ「上半身を支えるのは足が働いている状態」でないといけないのです。

 

お尻と足の大きな筋肉が働いてこそ「腰に負担」が来ない構造になっています。

 

しかし、椅子などに座っているとどうでしょう?

 

お尻、足の筋肉共に「働いていない」状態になります。

 

この状態になると腰の筋肉が重力に逆らう最下部の筋肉になります。

ということは「腰の筋肉」これだけで上半身の重みを支えないといけないことになり、

その姿勢が長時間にンあればなるほど、毎日になればなるほど、

 

腰の筋肉はダメージを受けてしまうのです。

 

これが「座りすぎによる腰痛」の大まかな原因なのです。

 

こういった状態を打破するために

一番いいのは運動でしょう。

 

昼間使えていない筋肉にトレーニングで刺激を与え

筋力低下を抑える事と

トレーニングにより筋肉の偏った「疲れ」が解消されるから。

 

それができないのなら「ストレッチ」を毎日行う。

ストレッチで筋肉の疲れをしっかりととることが大切です。

 

こういった事をしっかりしないと、将来的に「椎間板ヘルニア」や

「脊柱分離症」「脊柱管狭窄症」など

激痛を伴う疾患になってしまうこともありますので、しっかりとケアーしていきましょう。

 

今日の動画の「ケアー法」はとても気持ちいいので

長続きすると思いますよ。

関連記事一覧

PAGE TOP